コラム
  • コラムメイン画像032021.04.28

    お酒と、
    音楽と、
    会話。

    オーナーの持つ世界観で、
    一日の疲れを癒す、それがバーだ。

     

    最初の緊急事態宣言が解除された時、
    リモートワークを継続すると判断した企業は多かった。

    オフィス街だけでなく、住宅地の駅周辺も、
    静かな光景が続いた。
    定期的に復活するも、すぐに元に戻る。
    その繰り返し。

    【とあるバーの話】

    東京にある、とあるジャズバー。
    地域では古くからある有名なお店で、
    会社帰りのサラリーマンが疲れを癒しにやってくる。

    マスターが趣味で集めたジャズのレコードが並び、
    時間帯によって選曲が変わっていく。
    ウッドベースの丸い音が床を響かせる。

    豊富な種類のお酒はもちろん、
    マスターの人柄に魅了されて常連になった人は数え切れない。

    2020年、コロナ感染拡大により一気に店から客足が遠のいた。
    マスターの店だけではない。
    町全体が静かになった。

    感染を気にしてこなくなった人もいるが、
    何よりリモートワークの普及で、常連客の来店頻度がめっきり減った。

     

    ある時、打合せで外に出ていた常連客が店に訪れた。
    マスターは「やあ、元気そうだ。さあ、座って。」と笑顔で向かい入れた。

    店内にはその客とマスターだけで、
    久しぶりの会話に時が流れるのも忘れた。

    20時半を過ぎた頃、客がジンライムを頼んだ。
    時計を見たマスターは、
    「申し訳ない。これがラストオーダーだ。」
    と言った。

    17時からオープンして、2時間ほどお客が来るのを待つ。
    ようやく人が来たと思ったら、21時で閉店。

     

    常連客は、マスターが作ったジンライムをじっと見つめ、何かひらめいたかのように顔を上げてこう言った。

    「ねえ、マスター。昼間、ここを仕事場として使わせてもらえない?」

    「ええ?仕事って、酒場だよ?」
    マスターは、何を言い出すんだと言わんばかりに笑って客を見た。

    「だってさ、もうぼちぼち1年だよ。リモートでの仕事。
    家には子どももいるし、自分の空間がないんだ。それにもったいないよ。日中店使ってないんでしょ?
    僕だけじゃなく、他にもこういう場所を求めてる人結構いるよ。」

    マスターは、
    「一度、考えるよ。連絡する」
    と常連客に伝えた。

     

    常連客はきっと、この店を守りたいと思って話した案だろう。
    マスターはそれをわかっていたし、だからこそ複雑な思いになった。

    昼間に営業をやってみようかと考えたことはあった。
    弁当をテイクアウトで売るくらいならできるのだが、どうしても踏み出せなかった。
    理由は同業者ならわかると思うが、
    長年やってきたバーの歴史と、作り上げた空間を壊してしまうかもしれないということ。

    ただ、常連客の案は少し心を動かした。
    夜とあまり変わらないスタイルで営業できるかもしれない。

     

    1ヶ月後、日中のマスターの店からジャズが聴こえた。
    店内にはノートパソコンで静かに仕事をしている男性が数人いた。
    あの常連客と、プログラマーの男性、フリーのコンサルタントの男性、とある企業の企画部の男性。
    休憩時間にマスターにコーヒーを注文し、笑いながら仕事の愚痴を話す。

    店中にコーヒーを淹れる香りが漂い、マスターはお手製のピクルスを仕込みながら話を聞いていた。

    打合せに訪れた一人の男性が店内を見渡して、目をキラキラさせて「いいね」と言った。